商品カテゴリー

ご希望のカテゴリーをクリックしてください。

商品検索

■道元・自己をならふといふは自己をわするるなり

■道元・自己をならふといふは
    自己をわするるなり

  ――OSHOが直接瞑想をリード

●道元シリーズ 1

■日本語字幕切換え式 /カラー103分
■MPEG2/片面一層/スタンダードサイズ 4:3/NTSC日本市場向

●DOGEN:The Zen Master #
日本の禅に多大な影響を及ぼした禅僧・道元を、インドの覚者・OSHOがとりあげる。「満月に捧げられる」というOSHOの言葉から始まるこのシリーズで、多くの禅者を導いてきた、あまりに有名な道元の「正法眼蔵」を、今に生きる禅として説き明かす。「すべての人間は仏性が備わっている。ならば、なぜ修行が必要なのか」――幼くしてこの深い問いに悩まされた道元への共感が、全編にわたり熱い禅話として繰り広げられる。第1巻では、道元の求道へのいきさつに触れつつ、自ら実際の瞑想リードを通して、禅の醍醐味へと誘う。

道のことなど構わないことだ。
ただ自分自身を学ぶがいい。
〈自己を学ぶということは、自己を忘れることである〉――誰が自己を学ぼうとしているのか?自己を学ぼうとする者は、すでに自己を落としている。自己を学んでいる者は、観照者、あなたの真の自己なのだ。
〈自己を学ぶということは、自己を忘れることである〉
〈自己を忘れるということは、すべてのものに悟らされることである〉
そうなれば、あなたがどんな状況にいようとも、問題ではなくなる。いかなる状況にあっても、あなたは悟らされる。想像の及ぶ限りの、あらゆる状況のもとで人々は悟りを得てきた。問題は、自己が脱落しているかどうかだ。そうなれば、木を切っていようが、井戸から水を汲んで運んでいようが問題ではない。自己がない瞬間、ただ観照しているだけとなり、沈黙した注意探さのみがある時、あなたはすべてのものによって悟らされている。
                   ――OSHO(本編より)

●道元
鎌倉時代の禅僧。日本の仏教宗派・曹洞宗の開祖。13才で出家、比叡山などでの修行を経て、宋(当時の中国)に渡り、如浄のもとで大悟、印可を受ける。帰国後、永平寺を開くなど、禅の普及に努めた。自らの教えを「正伝の仏法」であるとして宗派を否定し、釈迦にならい、ただひたすら坐禅にうちこむことこそが最高の修行である(只管打坐)と主張した。

4,104円

注文数:

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

お知らせ

ログイン・会員登録

ログインしなくても
お買い物はできます。

リンク