■VOL.51 特集 情熱への扉

●情熱の扉を超えて 
●喜びに飛び込みなさい
●愛を知る 
●ただ楽しむために
●<関係性>あなた自身を愛する 
●<物語>神秘家は彼の一存で話す 他
私が教えたいのは、できる限り情熱的に生きなさいということだ。
少し熱く生きなさい。それでも最奥の中心の深いところででは、涼しいままでいなさい。
これらは逆説的だが、そのときあなたは、あなたの存在の中に完全な広がりを持っている。涼しさと熱。そのとき正と負が出会い、陰と陽が出会う。そして陰と陽、生と負、熱と涼しさ、暗さと明るさ、夏と冬が出会うときにはいつも大きな喜びがある。歓喜と祝祭がある。
祝祭は、パラドックスの、反対のものとの出会いからのみ生まれる。パラドックスは喜びへの架け橋となる。パラドックスの橋渡しがなければ、分裂と不幸がある。愛をあなたの情熱とあなたの瞑想、あなたの熱とあなたの涼しさにしなさい。強烈に、かつ静かに生きなさい。             
 OSHO(本文より)

1,382円

注文数:

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

お知らせ

ログイン・会員登録

ログインしなくても
お買い物はできます。

リンク